ご葬儀の準備・知識

トップ > ご葬儀の準備・知識 > ご葬儀のマナー・しきたりについて

ご葬儀のマナー・しきたりについて

仏式「焼香」

仏式のお通夜・ご葬儀・法事にはご焼香が行なわれます。 ※焼香の作法は宗旨、地域により異なります。

1. 焼香所まで進み、手を合わせて軽く拝礼します。

1. 焼香所まで進み、手を合わせて軽く拝礼します。

2. 香をつまみ、軽くいただき香炉に入れます。 (一部宗派では香をいただかない場合があります)

2. 香をつまみ、軽くいただき香炉に入れます。 (一部宗派では香をいただかない場合があります)

宗派別焼香の回数

曹洞宗 回数にこだわらなくても良い
天台宗 1回又は3回
日蓮宗 回数に決まりはありません
臨済宗 1回
真言宗 3回
浄土宗 回数に決まりはありません
日蓮正宗 3回
真宗大谷派 2回
真宗高田派 2回
浄土真宗本願寺派 回数にこだわらなくても良い

神式「玉串奉奠」

神式では仏式の焼香の代わりに玉串奉奠を行います。 ※玉串奉奠の作法は宗旨、地域により異なります。

  • 1. 神前の前に進み、神官の前で、一礼します。

    1. 神前の前に進み、神官の前で、一礼します。

  • 2. 玉串を受取り、左手で下から支え、右手で根元を持ち、神前まで進みます。

    2. 玉串を受取り、左手で下から支え、右手で根元を持ち、神前まで進みます。

  • 3. 玉串を目の高さまで上げ、右回りに回転させて、根元を祭壇に向けて捧げます。

    3. 玉串を目の高さまで上げ、右回りに回転させて、根元を祭壇に向けて捧げます。

  • 4. 二礼・二拍子・一礼をして下がります。拍手は音をたてない「しのび手」で行ないます。

    4. 二礼・二拍子・一礼をして下がります。拍手は音をたてない「しのび手」で行ないます。

キリスト教「献花」

キリスト教では仏式の焼香の代わりに献花を行います。 ※献花の作法は宗旨、地域により異なります。

1. 花が右、茎が左に受け取り、献花台まで進みます。

1. 花が右、茎が左に受け取り、献花台まで進みます。

2. 花が手前になるように持ち直し、捧げます。そのまま下がり、一礼をします。

2. 花が手前になるように持ち直し、捧げます。そのまま下がり、一礼をします。

ページトップへ