「あれでよかったのかな」たずねる私に、夫はやさしくうなずいた。 こころでおくる。
こころのおもてなし 事前相談キャンペーン
こころのおもてなし 事前相談キャンペーン

キャンペーン期間
2018年11月1日(木)
~2019年2月28日(木)

ご来館いただいた皆さまに
イズモ葬祭が、
こころからのおもてなしを
させていただきます。

事前相談をされた方全員に喪主の手引書プレゼント 多くの人は不安を抱えて、ご葬儀に臨まれます。もしもの時のイメージや流れをつかんでおくことで、安心できる手引書です。使い方のご説明もいたします。
さらにキャンペーン期間中にご来館し、ご応募いただくと林家木久扇爆笑落語会に抽選でペア200組400名様を無料ご招待! 開催日 2019年4月16日(火) 会場 イズモ葬祭 名古屋貴賓館 開演時間 1部 11:00  2部 14:00 林家木久扇 (はやしやきくおう)テレビ番組「笑点」のレギュラー出演など、お茶の間にも大人気の落語家。喉頭がんを克服した過去を持ち、80歳を超えた今も「生涯現役」を掲げ、アート、ラーメン、歌、役者と多方面で大活躍中。
事前相談をされた方全員に喪主の手引書プレゼント 多くの人は不安を抱えて、ご葬儀に臨まれます。もしもの時のイメージや流れをつかんでおくことで、安心できる手引書です。使い方のご説明もいたします。
さらにキャンペーン期間中にご来館し、ご応募いただくと林家木久扇爆笑落語会に抽選でペア200組400名様を無料ご招待! 開催日 2019年4月16日(火) 会場 イズモ葬祭 名古屋貴賓館 開演時間 1部 11:00  2部 14:00 林家木久扇 (はやしやきくおう)テレビ番組「笑点」のレギュラー出演など、お茶の間にも大人気の落語家。喉頭がんを克服した過去を持ち、80歳を超えた今も「生涯現役」を掲げ、アート、ラーメン、歌、役者と多方面で大活躍中。

中日新聞夕刊で掲載中の林家木久扇のコラムをWebでもご覧いただけます。
「よく笑う人は、人生の達人」をテーマに、人生について明るく楽しく綴っています。

林家木久扇コラム
「よく笑う人は、人生の達人」第1回 
2018年11月2日(金)掲載

笑って生きるための意識
落語家 林家木久扇

笑って生きることをモットーとする、
林家木久扇氏の死生観とは?

 笑って生きるための意識は、まず私の中では、昭和20年3月10日の東京大空襲からの体験から始まります。
 私は小学1年生。生家は日本橋久松町の雑貨卸商を営んでおり、私は3人兄妹の長男でしたから、父は手元に置いておきたかったのでしょう、学童疎開に加わっていなかったから都心にいました。
 久松小学校の校長先生が、やはり疎開に加わらなかった学童の、小学1年生から6年生までを同じクラスに集めて勉強させていました。
 戦況が悪くなり、毎晩のようにアメリカのB29爆撃機が編隊でやってきては、雨あられと爆弾を落とし、非戦闘員の都心の家やビルが焼かれ、大勢の人が亡くなりました。
 実家が焼けた3月10日は、3回目の東京大空襲で、行李2つの薬箱を預かっていた警防団団長の父は、テント村から小学校の正門の脇、防火用水に飛び込んで一夜を明かしました。何もかも焼けて失ったが、私の一家は無事でした。
 この時、私の中で死生観が生まれました。
 あんなに幸せだった家も、家族の心も、恐怖心で毎晩ズタズタだ。でも、助かった。命が救われた、もうけものだ!
 私が笑うのは、そして一生懸命落語をしゃべって大勢のお客さんに笑ってもらえるのは、東京大空襲の時の、小学1年生の感性に生かされています。命をもらった!というありがたさがあります。
 がんに2回、腸閉塞、肋膜炎と大きな病にかかっても私は笑っていました。
 本当は小学生の時、失った命。生きているなら世の中に恩返しを!といつも…。

林家木久扇コラム
「よく笑う人は、人生の達人」第2回 
2018年12月7日(金)掲載予定
林家木久扇コラム
「よく笑う人は、人生の達人」第3回 
2019年1月11日(金)掲載予定
林家木久扇コラム
「よく笑う人は、人生の達人」第4回 
2019年2月8日(金)掲載予定