プランと費用

トップ > プランと費用 > 創価学会

創価学会プラン

名古屋 尾張 三河 知多 地域でのご葬儀・創価学会

学会葬TOP
「友人葬」と言われる創価学会のご葬儀は、僧侶ではなく、友人代表の儀典長の先導で葬儀が行われます。また祭壇には樒(シキミ)が使われます。友人葬の経験豊富なスタッフが担当いたします。
創価学会の流れ
  • Step 1 開式

    葬儀開式のご案内をします。

  • Step 2 読経・唱題

    友人代表である儀典長を中心に読経・唱題を行います。読経とは、法華経の方便品と寿量品の自我偈を2回読むことです。唱題とは、お題目である「南無妙法蓮華経」を唱えることです。お題目には、法華経の教えに帰依をするという意味があります。

  • Step 3 焼香

    焼香は1回目の自我偈に入るのと同時に行います。焼香の順番は導師・副導師→親族→参列者となります。

  • Step 4 御祈念文・題目三唱

    焼香が終わると、導師が唱題終了の合図として鈴を鳴らします。そして導師が追善供養の祈念をします。祈念後、鈴の合図に合わせて参列者全員でお題目「南無妙法蓮華経」を三唱します。

  • Step 5 弔意文、弔電紹介

    弔電を紹介いたします。弔慰文は、葬儀の流れの中で、導師の挨拶の際にまとめて行なう場合もあります。

  • Step 6 導師よりお話

    導師による挨拶がございます。

  • Step 7 謝辞

    喪主、または親族代表より謝辞をいただきます。

  • Step 8 題目三唱

    導師の鈴の合図に合わせて参列者全員で題目を三唱します。

  • Step 9 閉式

    司会から葬儀終了のご案内があります。

  • Step 10 出棺・火葬・拾骨

    葬儀・告別式が終わった後、導師および遺族と参列者は、題目を唱題する中、お樒やお花を棺に納め、お別れの儀式を行います。全身のお姿でお別れできるのがここで最後になります。故人様への感謝を気持ちをお伝えください。
    ご出棺後は火葬場にて荼毘に伏されます。

創価学会のよくあるご質問

Q 故人は創価学会員だったのですが、喪主の私は創価学会の方と面識もありません。その場合、どのように葬儀を行えばいいのでしょうか?
A 故人の宗教にあわせて、創価学会葬をされるケースが多いです。今後のご供養をする宗旨を選択される方もいらっしゃいます。
事前にご家族で意向を確認されておくと良いでしょう。
Q 創価学会葬と一般のご葬儀の違いを教えてください。
A ご葬儀の流れなどは一般的な仏式と大きな違いはございません。異なるのは、宗教者が、僧侶ではなく創価学会員が導師を務めて読経等を行うことです。その他お布施や戒名がない事と、祭壇の種類が異なるなどの違いがございます。
Q 創価学会葬(友人葬)専用の式場があるのでしょうか?
A ご葬儀は、イズモ葬祭のような葬儀専用会館で行う事が多いようです。
Q 参列された創価学会員の方には、返礼品や料理の手配はどのようにするのが良いのでしょうか?
A 学会員の方は香典を持参せず、返礼品もお受け取りにならないことが多いですが、状況によって異なりますので、事前に学会員の方と相談してお決めになるのが良いでしょう。導師や副導師にお持ち帰りのお弁当などを用意されるケースもございます。
Q お葬式の日程などは、創価学会員の方と話をして決めるのでしょうか?
A 火葬場の予約状況を確認の上、イズモ葬祭とご喪家で日程を決め、学会へ連絡をして頂いております。
ページトップへ

お急ぎの方へ

お問い合わせ・資料請求

事前相談のご案内

イズモの新型コロナ対策